ミチウルドライスキンホワイトミルク|1カ月で顎ニキビが落ち着いた話

保湿効果が高い乳液として評判の高い

『MICHIURUドライスキンホワイトミルク』ですが、

ニキビにも効果的なのか?といった声も多数伺えます。

私の体験談ですが、

1カ月使い続けて顎ニキビがだいぶ落ち着きました!

この内容について深堀りしていきますね。

ミチウルドライスキンホワイトミルクで顎ニキビができなくなった

私の場合、月の上旬になると

ホルモンバランスや自律神経系の乱れによって

体調不良・顎ニキビの増加が毎月のように起きていました。

体調不良もツラいのですが、

大きな顎ニキビ(しこり)ができることが本当にツラかったです・・・。

化粧しても隠し切れないほどの大きさだったので、

本当に恥ずかしくてマスクで隠していました。

今まで色んなコスメを使ってきてもほぼ毎月できていましたが、

ミチウルドライスキンホワイトミルクを使い始めてから

普段であればできてくる時期なのですが、

現在ほとんどできていません。(体調不良は変わらずです(笑))

ニキビができなくなった理由を考察してみた

では一体、ミチウルドライスキンホワイトミルクを使って顎ニキビができなくなった理由は何なのか?

気になって調べた結果、

考えられる理由が2つ見つかりました。

それが

・高い保湿力による影響
・MICHIURUに含まれる成分による影響

の2つです。

高い保湿力による影響

MICHIURUドライスキンホワイトミルクは高度な保湿効果があることで知られており、

実際に私も使ってみて大満足した点です。

顎ニキビに限らず、ニキビができる原因として『乾燥』が挙げられます。

MICHIURUドライスキンホワイトミルクの高い保湿効果によって

ニキビができにくくなったことが考えられます。

MICHIURUに含まれる成分による影響

MICHIURUドライスキンホワイトミルクには

GK2(グリチルリチン酸)という薬用成分が配合されています。

GK2はニキビや日焼けによる炎症を抑える効果

に期待できることで知られています。

一昔前までは、

抗炎症作用が強い成分=肌への負担が大きい

という考えが一般的でしたが、

GK2は強い抗炎症作用効果を持つ一方で、

肌への負担が極めて少ないことから

最近ではニキビケアコスメなどに使われている成分です。

まとめ

今回は、ミチウルドライスキンホワイトミルクを使うことで

顎ニキビが落ち着いてきた話をさせていただきました。

勿論、完治したわけではなく少しだけ顎ニキビは残っています。

ただ、以前と比較して顎ニキビができにくくなったのは確かです。

今後、ミチウルドライスキンホワイトミルクを使ってみて

どうなっていくのか随時更新していきたいと思います!

>>【180日間の返金保証付き】MICHIURUドライスキンミルクを試してみる

コメント